INTERVIEW
師弟インタビュー③

来栖 敬介×稲葉 高志

Q1お互いの第一印象はどうでしたか?

来栖

覚えてない。

稲葉

えーーー!ひどくないですか?まぁ僕も最初はみんなとも話ができなくて戸惑ってましたからね。来栖さんはあまり言葉を発しない人で、怖い印象でしたね。

来栖

たしかに、稲葉と話をした記憶はないかも。印象に残るような感じじゃなかったな。怖いか。(笑)

稲葉

来栖さんは待ってても教えてはくれなかったですが、こちらから聞くとすごい丁寧にわかりやすく教えてくれるので、すごい優しい人だと後から気づきました。

Q2師匠(来栖)は弟子(稲葉)に何を教えてきましたか?

来栖

稲葉はあまり話すことが上手とはほど遠かったので、電話や案内など一つ一つ、一言一言教えてきましたね。最初はこいつ何話してるのか全然わからないって感じでしたから。会話の基本からずっと指導してましたね。

Q3弟子(稲葉)は師匠(来栖)に教わった中で一番印象に残っていることはありますか?

稲葉

いつも電話や案内のロープレをすると、「何言ってんかわからない。日本語しゃべってくれる?」と言われたときは本当に営業は向いてないと痛感しましたね。うまく話すのはできないと認めて、営業マニュアルを一言一句覚えてそのままご案内しました。それからは毎月契約が取れるようになりました。

Q4師匠(来栖)に褒められたエピソードはありますか?

稲葉

来栖さんと1年ぶりくらいに案内のロープレをして、「しっかり話せるようになって、すごいわかりやすかった。」と言われたときは、社長や嫁に褒められるよりもうれしかったですね。

来栖

毎日積み重ねている事は見ていたけど、最初に比べると話すトーン・スピード、伝えたい事もわかりやすくて安心したね。

稲葉

ありがとうございます。言われたときは、なんかやっと営業として認めてもらえた気がしました。

来栖

最初はどうなるかと思ったけど、今では安心して任せられるよ。

稲葉

まだまだ未熟者ですがこれからもよろしくお願いします。

来栖

頑張れ!

Q5弟子(稲葉)の成長を実感した時はいつですか?

来栖

話をしていて、こいつ面白いなと思う事が多くなったって思ったかな。話かけても、「あ・・・はい。」の一言しか返ってこなかったもんな。

稲葉

最初は、周りと話しもしなかったですし、人と関わるのがめんどくさかったですから。

来栖

たしかに、めんどくさそうにしてたよな。

稲葉

すみません。なんか毎日がいっぱいいっぱいって感じでしたね。

来栖

今は仕事の幅が広がってきて、やることも増えたけどなんとかやってるな。

稲葉

まだまだ覚えなきゃいけない事がたくさんありますが、今は楽しく仕事ができてますね。

Q6弟子(稲葉)にとって師匠(来栖)はどんな方ですか?

稲葉

目標ですね。めちゃめちゃ優しい人なんですよ。普段は口数が極端に少ないので、女性陣はそのギャップにイチコロです。

来栖

そんな事ないでしょ。

稲葉

いやいや、ホントズルいですよ。あとさわやかな笑顔で、お客様の心も鷲掴みですね。

来栖

そうかもしれないけど、稲葉も前より良くなってきてるからね。

稲葉

ありがとうございます。え~でもどの辺がそう思いますか?

来栖

笑顔が増えて、成約のお客様アンケートにも高評価が増えてきたよ。これからもがんばれ。

Q7師匠(来栖)の凄いところを教えてください

稲葉

なんでもできるスーパーマン見たいな所ですかね。今でもたくさん助けてもらってます。

来栖

何それ。

稲葉

一緒に案内に行ったときに、自分案内で、お申込みをその場でもらってる時は、何をしているのかわからなかったですが、すごいカッコいいなと思いました。

来栖

もっといろんな仕事を覚えて、後輩に教えてあげてください。

稲葉

そうですね。いろんな仕事をできるようにしていきます。

Q8師匠(来栖)が弟子(稲葉)にこれから期待することはなんですか?

来栖

管理職として、他の営業を引っ張っていけるような存在になってください。

稲葉

そうですね。結果で示せるようにしていきます。

来栖

接客もたくさん経験して、どんどん成約を増やしていってほしいし、あと後輩の指導をもっとしていって良い営業マンを育ててほしいです。

稲葉

営業としても管理職としても成長していきます。

Q9最後にお互いにメッセージをどうぞ!

来栖

稲葉はまだまだ伸びしろがあるから、リーダーで終わらず所長目指してがんばれ!その為にも時には、やさしさだけでは無く厳しさも必要だぞ☆

稲葉

何でも出来る来栖さんの背中をずっと見ている訳ですが、いつか、いつか追い越せるように日々努力しますので、その時は回らないお寿司でもご馳走して下さい(笑)

ENTRY